「花道プロジェクト」バスケと植木で復興を目指す「大槌町」

13465721864_fa4beeb73e_z

 

13465721864_fa4beeb73e_z

 

「大槌町を、全国から人が集まるまちに」

スポンサーリンク

 

その言葉をスローガンに「花道プロジェクト」は始まった。

岩手県上閉伊郡大槌町で初夏に開催されているバスケットボール大会「桜木杯」。それは2012年5月の第1回大会からここで開催され、今年で4回目となる。

 

参加者は今年から小学生の部の『大槌きらりカップ』から、多くは20代から30代の若者である。

 

ストリートバスケ同様にハーフコートでの3 on 3の形式で、盛り上がるミュージックをかけて、笑いの絶えない中で行われる。中には女子だけのチームもあり、様々な実力のチームが参加するが、全体のレベルは高く、年々参加層が増えレベルも上がっている。

 

広島県出身の矢野アキ子さんがプロジェクトの立ち上げ人だ。矢野さんは「この桜木町に、桜の花道をつくりたい。」という思いと、『桜木花道』といえば有名バスケットボール漫画「スラムダンク」の主人公。

 

それらを合わせて上手く、バスケでまちおこしができないか、と考えたという。後にボランティアで出会った映像作家の河谷秀行さんに相談し、二人は桜木町の360軒ものポストにプロジェクト構想を描いたアンケートを入れていった。

 

その中で唯一返事をしてくれた社会人バスケットボールチーム「JOINT」の河合さんを加え、「花道プロジェクト」を起こすことを決定した。

 

そのために三人は、大会の運営方法を知るために、岩手のプロバスケットボールチーム「岩手ビッグブルズ」の事務所がある盛岡市まで行くなど積極的に行動そおこし、それから約1ヶ月半で会場をおさえ、スケジュールを組み、第1回桜木杯の開催を成功させる。

 

矢野さん達の想い

 

矢野さんの想いは決して独りよがりではないようだ。

それは彼女の以下の言葉からもうかがえる。

 

「プロジェクトがまちの文化にならなければ意味がない」

「きっかけを作ったり、外から人を連れてくることは私にできても、まちを作っていくのはそこに暮らす人にしかできない。だから若い人もお年寄りも、みんなが両輪になってできることをと考えた」※8/10の東北復興新聞より引用

 

それだけではない。

彼女たちは桜木町に桜並木をつくるための植木まで行っていた。それは桜木町の新たな観光名所とするだけでなく、地域住民の防災と健康に寄与する避難道、遊歩道としても、整備が必要と考えた上でのことだという。

 

そのために地域の方たちに話し合いや協力なども積極的に行い成功させている。

また野外のバスケットコートを作り、桜木杯のある時だけではなく

本当の意味でバスケットを取り入れたイメージの町を考えている。

 

想いが届いた結果

 

そうした運動を本気で行っていた彼らにだからだろう。

あの超人気バスケ漫画の「スラムダンク」の原作者である

井上雄彦先生が東京のバスケットイベントに招いた三人を直接祝いにいらっしゃたのだ。三人はどうやらこれまでの活動内容などをメールなどで井上先生に送っていたようで、先生はそれら全てに目を通し三人のことやプロジェクトのことなどを気にかけていたようだ。

 

花道プロジェクトの公式ホームページにその様子が載っているので、是非見てほしい。

こちらの「花道プロジェクト」のオフィシャルページにその様子が載っている!!→花道プロジェクト公式ホームページ

 

もし、井上先生がこの町用に何かしら「スラムダンク」の絵なんて描いてくれたら最高だろう、、、、、なんて。

 

まだ4年では桜は大きく、綺麗にはその花を見せてくれない。

しかし、3人が懸命に努力してプロジェクトを成功という花まで咲かせたように植えた桜たちも懸命に育っていくことでいつかその綺麗な花を満開に咲かせてくれる日がくるのではないだろうか。

そうしたら、是非私もバスケットをしに桜木町に行ってみたいものである。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA