『ハリポタ』のエマワトソンの新しい役は『美女と野獣』のベル「全キャスト紹介」

bijo2

 

『ハリーポッター』シリーズでハーマイオニー役を演じたエマワトソンが今回あのディズニーの名作『美女と野獣』のヒロインであるベルを演じ、クランクアップした。

以下、彼女のコメント

スポンサーリンク

 

<エマワトソンのコメント>

「8月21日ってわたしにとって縁起のいい日に違いないわ。15年前、わたしはハーマイオニーとしての旅を始めたの。そしてそれから15年後、ベルを演じた、わたしにとって初めてのミュージカル映画がクランクアップしたのよ」と驚きの偶然をファンに報告。このツイートは投稿から半日もたたずに2万6,000件以上ものリツート、7万件以上のお気に入りを記録した。

 

bijo1

出典元

 

 

エマワトソンの現在

 

エマワトソンと言えば、やはりハリポタのハーマイオニーのイメージが強い。

 

少女の時は可愛げがある子だったのにいつの間にか大人の女性、それもとびきり綺麗な女性となり、今ではバーバリーの専属モデルとまでなっている。

 

ここまでの子役の成功は日本ではそうは起こらないが、あれほどの美貌があれば確かに話は違うかもしれない。

今の彼女は本当に綺麗。

 

<子ども時代>

1010160945fe8da3ec2779db4b
出典 http://kyounowadaiwa.blog.so-net.ne.jp/

 

<現在>

201204240102

出典 e0166.blog89.fc2.com

 

1990年4月15日(25歳)

身長165cm

4分の1がフランス人、4分の3はイギリス人のクォーター

 

ちなみに彼女が2000年~2010年までの過去10年間で出演した映画では

映画1本あたり、なんと9億ドル(日本円で約800億円)、合計で約54億ドル(日本円で約4860億円)という莫大な金額を稼いでいた。さらにバーバリーの専属モデルとしても億のケタで稼いでいるとか、、、、。

 

 

しかも仕事を続けながらも米ブラウン大学を卒業。

このブラウン大学とはハーバード大学などと並ぶアイビーリーグ大学の一つである。

 

天は彼女に二物も三物も与えたんですかね。いやひとえに彼女の才能と努力だろう。

 

映画「美女と野獣」のキャスト

bijo

出典元

 

そんなエマワトソンが今回演じる新しい役はあのディズニーの名作「美女と野獣」である。

今までも何度か実写化されているが、正直そこまで良かったと感じる作品はなかった。

 

しかし今回はキャストがいい!!

 

まず監督は、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズのビル・コンドン。

さらに、本作は今までの実写化と違い、ミュージカルとして実写化する。

ということは、音楽がとても大切なきもとなるわけだが、その音楽担当になったのが

1991年のディズニーアニメーション『美女と野獣』の音楽を担当し、アカデミー作曲賞を受賞しているアラン・メンケン。実写版でも音楽を担当する。

 

 

以下主なキャストは以下のようになっている。

<野獣:ダン・スティーヴンス>

無題

出典 distractify.com

 

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、『ザ・ゲスト』などが代表作。確かに気品溢れて、王子様っぽい。ここから特殊メイクや映像技術でどう野獣になるか楽しみだ。

 

<ガストン:ルーク・エヴァンズ>

無題1

出典 distractify.com

 

『ワイルドスピード』シリーズや『ホビット』シリーズが代表作。顔とかあくが強い感じがそっくり。

 

<ル・フウ:ジョシュ・ギャッド>

無題2

出典 distractify.com

『アナと雪の女王』のオラフ役の声優を務め、アニー賞の声優部門を受賞している。

 

<ルミエール:ユアン・マクレガー>

3e5e8084eac9dea56077cdec2a7f851a_650x

出典 distractify.com

 

この人かなり一押し!イメージも似合うし実力もある。

主な作品には、『ムーランルージュ』、『トレインスポッティング』、『ビッグ・フィッシュ』など有名な作品が多い。特に『スター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナス』オビ=ワン・ケノービ役としても有名。

 

<コグスワース:イアン・マッケラン>

無題3

出典 distractify.com

 

言わずと知れた有名俳優のイアンマッケラン。『X-MEN』シリーズのマグニートや『ロードオブザリング』シリーズのガンダルフの人。

 

<モーリス:ケヴィン・クライン>

無題4

出典 distractify.com

 

この人も見たことある人が多いかもしれない。

『ペンザンスの海賊たち』でトニー賞を受賞し、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』でアカデミー助演男優賞も受賞している。

 

<ポット夫人:エマ・トンプソン>

無題5

出典 distractify.com

 

1992年『ハワーズ・エンド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞している。

 

<ワードローブ:オードラ・マクドナルド>

無題6

出典 distractify.com

 

舞台を中心に活躍するオードラマクドナルドが城の着付け係でオペラ歌手のワードローブを演じる。笑顔がチャーミングで個人的に好き(笑)

 

エマワトソン好きも、『美女と野獣』が好きな人も、ミュージカル好きな人まで誰でも楽しめる作品となっているようだ。

 

唯一残念なのは公開が二年後ということ、、、楽しみにまとう。

その間、『ハリーポッター』シリーズを見返すのもいいかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA