『俺が守る!or 俺のものだ!』ライオンが全力で子牛を守る

lion_img01-l

 

ライオンが本来捕食する対象である草食動物を育てたり、虎が他のネコ科の動物を育てたりなどのケースは稀にある。

 

多くの場合、それは自分の子供を失くしたばかりの喪失感から母性が働き起こる行動であり、時間が経過すると薄れてくると言われている。

スポンサーリンク

 

以上の説明をさせてもらった上で、今回紹介する動画の何が珍しいかと言うと、それは「メス」ではなく「オス」のライオンが起こした行動だったからだ。

 

lion_img01-l

出典元

 

ライオンが子牛を守った!?画像と動画で判定しよう

 

この映像を見る限り、明らかに守ってはいるが

それがどういう意図なのかは不明だ。

 

まずは動画を確認

出典元

 

 

ライオンが子牛を見つけ、捕らえにダッシュ

lion

 

「やべっーー!!逃げな!!ふんっ!」

lion1

 

ん?なぜか追い付かれた子牛がライオンに肌をこすりつける

lion2

 

なんだ、こいつは、、、みたいな感じでお互い肌を合わせてる

lion3

 

「む、他にライオンがいる!!」と近くのライオンに気づく

lion4

 

他のライオンが子牛を狙い襲いかかってきた!!

lion5

 

そのライオンから全力で子牛を守る!!

lion6

 

 

これらの一連の行動は何を意味しているのか?

最初襲おうと思った子牛が小さかったためにまだ襲うのをやめたのか?

それとも、いきなり子牛になつかれるような動作をされ戸惑って思わず守ってしまったのか?

 

はたまた、自分の獲物だから?

 

その真意は分からないが、動画には色んな意見が出ていた。

 

 

LION8

LION9

LION10

 

何が真相かは分からないが、私たちが動物の行動において分かっていることはまだまだ少ないということはよく分かる。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA