『実は日本人の故郷?』氷の芸術バイカル湖と聖地ブリヤート共和国

bai

 

神秘と氷の芸術が交差するバイカル湖とその固有種

 

「シベリアの真珠」との呼び名が高いバイカル湖。

 
世界一深く、世界一透明度が高い神秘の湖である。
その大きさは琵琶湖の46倍!
「バイカル=豊かな海」の名に恥じぬ、世界に名高い湖だ。

スポンサーリンク

 

bai
出典 http://eurasia-blog.cocolog-nifty.com/eurasia/2014/07/post-42b8.html

 
バイカルアザラシ、チョウザメなど、1500種以上の固有種も魅力の一つ。
高い透明度で希少生物が見れるため、コアなダイバーにも人気のスポットである。

 

5203964627_1675551178_z

出典 https://flic.kr/p/8VRFo4

 

 

5203971897_fbe5946f47_z

出典 https://flic.kr/p/8VRHxp

 

 

そして、氷の芸術バイカル湖の南東部に位置するのが、今回ご紹介する「ブリヤート共和国」。ロシア連邦の構成体で、首都はウラン・ウデ。

 
私たちにはどうしても馴染みの薄い国だが、日本人にとって非常に興味深い場所だということがわかった。

 

 

イヴォルギンスキー・ダツァン

bai1
出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a4/Ivolga.jpg

 

 

bai2
出典:http://jp.rbth.com/travel/2014/03/21/47635

 

 

「ダツァン」は寺。
ブリヤート共和国はロシアでは数少ない仏教国である。
このダツァンはブリヤート人の聖地であり、ロシアチベット仏教の総本山である。

 

 

日本人バイカル湖畔起源説

bai3

出典 http://goo.gl/fZO6fb

 

この写真は民族衣装を着たブリヤート人
日本人と言われても納得してしまうほど顔が似ている。

 

 
諸説あるが、我々日本人とブリヤート人の遺伝子は、朝鮮人、中国人、台湾人のそれよりも近しいらしい。親近感を持たずにはいられない。

 

「日本人はどこから来たのか?」
有史以前の日本というものに思いを馳せてみる。

 

学者や歴史に精通している人の多くは自説が正しいことや、論拠がどうだのという論争をずっと繰り返している。

 
ふっと力を抜いて、ブリヤートを訪れてみよう。
もしも自分の本能が望郷の念を感じたのなら、あるいは、「日本人バイカル湖畔起源説」というものが正しいのかもしれない。

 

 

<注意>

ロシアビザ必須。旅行代理店が取得代行してくれる。
自分で大使館に依頼するのも可能。ロシア語ができなくても大丈夫らしい。

 

 

<アクセス>

S7航空が北京からウラン・ウデ空港へ直行便を運行している。
北京か仁川を経由して空路でイルクーツクへ行き、そこからシベリア鉄道でウラン・ウデに向かうのもいい。
車窓からバイカル湖畔を眺めることができる。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA