『ドラクエの世界!』リトアニア観光でRPG気分に浸る

rpg

 

ヨーロッパはゲームの世界のような美しい風景が多いのだが、なぜあえてリトアニアを挙げるのか。

それを下記にてお伝えしよう。

スポンサーリンク

 

そもそも、リトアニアって?

ポーランドの北東にあるバルト三国のひとつ。
東はベラルーシに接している。
物価が安く、旅行者に優しい国といえよう。

 

通貨は2015年にユーロを導入。
従来の通貨リタスもおそらくまだ流通しているものと思われる。

 

<湖に浮かぶトラカイ城>

rpg

出典 http://wondertrip.jp/wp/wp-content/uploads/0764.jpg

 

湖に浮かぶ城、というだけで筆者のゲーム脳はくすぐられる。

まるで、あのドラクエの世界に来たかのようだ。
城内では当時の衣装が展示されてある。

rpg1
出典 http://conny.jp.net/archives/40392483.html

 

ファンタジー世界そのもの。

 
 <ビリニュス旧市街の風景もすごい>

職業を変えてくれそうな建物や・・・

rpg2
出典 http://wondertrip.jp/wp/wp-content/uploads/0381.jpg

 

 

屈強な王様が待ち構えていそうな建物。

rpg3
出典 http://dlift.jp/photo/photoDisplayCountry58

 

 

森の中の聖ペトロ・パウロ教会。

rpg4

出典 https://jp.mfa.lt/jp/jp/8008/8009/8896

 

 

 

rpg5

出典 http://dlift.jp/photo/photoDisplayCountry58

 

何か買い物をしたら「このまま装備をしていくか?」と聞かれそうな街並み。
リアルRPGな絶景の数々にため息がこぼれる。

 

さらにこちら。

<十字架の丘>

4082701383_e16d9f483c_z

出典 https://flic.kr/p/7dLUTa

 

シャウレイから行くことができる。
これだけ十字架があるが、墓地ではないらしい。
ロシアの圧制により処刑された人、シベリアへ流刑された人への追悼の気持ちを込めて、人々が十字架を持ち寄るようになったと言われている。旅行者も自由に十字架を置いていける。

 
きわめつけはこちら。

<悪魔博物館>
rpg6
出典 https://lt.wikipedia.org/wiki/Velni%C5%B3_muziejus
 

芸術家であるアンタナス・ジュムイジナヴィチュースの個人的コレクション。
彼の死後、生前住んでいた家を博物館として開館したとのこと。

死してなお古今東西から悪魔グッズは集まり続け、現在、所蔵点数は2000を超えるという。

 

 

<アクセス>

ヨーロッパ主要都市からヴィリニュスの空港まで、LCCが就航している。(ブリュッセル航空)

 

 

「復活の呪文」を写しまちがえて発狂した子どもたちが、現在、成熟した大人になった。

当時に比べるとグラフィックは飛躍的に進化した。
実写と違わない素晴らしい世界だ。

 
だが、その分、プレイヤー側の想像力や空想の機会を奪ってしまったともいえる。
ゲームに夢中になったかつての少年達が、8bitの世界に望郷の念を抱いている声も少なくない。

 

リトアニアには追憶の欠片が散らばっている。
是非足を運んでみて欲しい。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA