【映画ディセンダントのあらすじ&キャスト】ディズニー悪役たちの子供が主人公!?

des3

 

ディズニー映画に出てくる魅力的なプリンスやプリンセス、多くの人が主人公に憧れたことがあるだろう。

 

それと対比する役柄である悪役。

スポンサーリンク

 

 

だが、その悪役たちもただの悪役ではなく、強烈な見た目や個性である意味魅力的なキャラクターが多い。

 

物語は彼らなしでは始まらない。

 

そんなディズニーが誇る邪悪な名悪役。
その子どもたちを主人公にした「ディセンダント」が、7月31日に全米でTV映画として初公開され、驚異的な数字を記録した。

 

 「ディセンダント(Descendant)」とは、英語で“子孫”を意味する。
そのタイトル通りに、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、彼らが10 代だったら?”というこれまたぶっとんだ発想によって生まれたディズニー映画だ。

 

des

 

ディズニーの悪役と真っ先に出てくるのが眠れる森の美女「マレフィセント」
そのマレフィセントの一人娘「マル」。彼女を中心に四人の主人公で物語は描かれていく。

 

 

de

出典元 

 

『眠れる森の美女』からマレフィセントの一人娘「マル」(ダヴ・キャメロン)

 

de1

出典元

 

『白雪姫』から邪悪な女王の娘「エビー」
(ソフィア・カーソン)

 

de2

出典元 

『アラジン』からジャファーの息子「ジェイ」(ブーブー・スチュワート)

 

de3

出典元

 

『101匹わんちゃん』からクルエラの息子「カルロス」(キャメロン・ボイス)
悪役の子どもたちだけでなく、「美女と野獣」の息子・ベンや「シンデレラ」の息子・チャドなども登場。
リベンジを果たすべく、悪役の親たちからベン達の高校への転向をさせるところから物語が始まるが、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、「本当の自分とは」などがテーマとして描かれている。

 

手がけたのは、あの「ハイスクールミュージカル」の監督ケニー・オルテガ!
それもあってか、初回放送ではアメリカで660万人という驚異的な視聴者数を獲得。

過去2年間のケーブルテレビ放送で最高となる視聴率をマークしたり、全米で発売されたサウンドトラックは、iTunesのサウンドトラックチャートで第1位、全アルバムチャートでも第2位を記録するなどアメリカではすでに大人気。

 

 

あらすじ

des3

出典元

 

「ディズニー・ヴィランズ(悪役)に子供がいて、彼らがもし十代だったら…」という設定のもとストーリーが展開する。それ故に複数のディズニー作品の世界や人物が同一作品内に収まっており、英雄たちはビースト国王の統治するオラドン合衆国に、悪役たちはロスト島と呼ばれる場所に住んでいる。

島に隔離されて育ったマルたち四人はある日、本土にあるオラドン高校へ通うように言い渡される。直に王位を継ぐビースト国王の息子ベンが「悪役たちの子供にチャンスを」と彼らを招いたのだった。嫌がるマルだったが、彼女に「フェアリー・ゴッドマザーの杖」を手に入れさせようと企むマレフィセントに諭され渋々了承する。

高校に通いながら杖を奪う機会を狙うマルはベンの戴冠式がそのチャンスであると知り、彼の恋人となって式に入り込むことを思いつく。惚れ薬を使い作戦は成功したものの今度はマル自身がベンの誠実さ、素直さに惹かれ始める

出典元

 

予告動画

出典元

 

日本放送開始日はいつ?

日本では2016年11月開催の「D23 Expo Japan 2015」での初公開後、年内にディズニー・チャンネルにて放送とのこと。

ディズニーファンには待ちきれないっ!!

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA