立ち仕事をとっても楽にする『ウェアラブル・チェア』が登場「これは疲れない」

aruke

 

 

「立ち仕事」において、大変なのはやはり腰や脚。

 

特に長時間となると足腰に疲れがくるし、身体がゆがんでいれば痛みもある。

スポンサーリンク

 

腰痛持ちにはかなりきつい。

 

そんな中、「立ち仕事」のキツさをとっても和らげてくれる画期的なマシーンが開発された。

 

それは「ウェアラブル・チェア」

 

名前の通り「装着可能な椅子」ということだ。

 

どんなものか、まずは動画で確認してみよう。

 

出典元

 

 

『archelis』(アルケリス)

aruke

出典元

 

日本製のウェアラブル・チェアである「archelis」(アルケリス)はご覧いただいたように医療用に開発されたものだった。

 

とりわけ、立った状態が10時間を超える場合もある長時間の手術には相当の効果が期待できる。

 

長時間の立ち仕事では腰・お尻・もも・ふくらはぎなどに多大な筋肉疲労がくるが、「archelis」(アルケリス)を使用することで、筋肉疲労を大幅に軽減できる可能性がある。

 

aruke1

出典元

 

 

片足ずつ独立しているため、左右それぞれの足で別々の姿勢をキープすることができる。

つまり、ある程度自由度があるので、足を動かすことも可能であり、歩行もできるというわけだ。

 

さらには素材には金属とカーボンが使われており、強靭・柔軟・軽量な機能を実現。電気も使用しないのでエコ。

 

今後は手術の医療面以外でも、介護や立位でのオフィスワーク、農業など幅広い分野での活躍が期待されている。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA