「ライオン・クマ・トラ」の三頭の仲が良すぎる理由が悲しい

ku-6

 

 

「ライオンとクマとトラ」

 

これを聞いただけでは、この3頭に思い浮かぶのは凶暴そうな肉食獣といったイメージかもしれない。

スポンサーリンク

 

だが、この「ライオン・クマ・トラ」の3頭が仲良しだったらどうだろう。

 

そんなイメージはまったく浮かばないが、この写真を見ていただくと、あまりにも仲が良さそうな3頭に驚く。

 

ku-

 

 

ku-3

 

 

ku-4

 

 

彼らは、非営利の動物保護団体が管理するジョージア州の施設「Noah’s Ark Animal Sanctuary」で保護されている。

 

ku-1

 

 

ku-2

 

「保護」という言葉からも分かるように、3頭は見つかった際の2001年当時、危険な状態にいた。アメリカのアトランタで起きた麻薬捜査の立ち入りで発見され、それから3頭は現在まで15年もの間、この場所で共に暮らしてきたのだ。

 

発見された当時、彼らはまだ生後数ヶ月の赤ちゃんであった。当時の組織が売るために飼っていたのか、ろくな飼育状態ではなかったようで、みな怯えており、ケガや栄養失調、感染症などで危険な状態にあったそうだ。

 

クマのバルーは幼い頃につけられた首輪が成長しても変えられれていなかったため手術が必要なほどの大けがをしていたという。

 

また、トラのシアカーンは栄養失調、ライオンのレオは鼻に怪我をしていて、そこに感染症も患っていたそう。(レオは去勢されたためにたてがみがない)

 

特に、クマのバルーが手術でいなくなった際は、今までずっと一緒にいた彼がいなくなったことに残りの2頭は不安から落ち着きがなくなりずっとウロウロとしていたそう。

 

(3頭の様子がテレビに取り上げられた際の映像)

出典元

 

 

当初、野生に帰れるようになるための治療・訓練を行ったそうだが、3頭とも頑として離れようとはしなかったためにここでの保護が決まったそう。

 

3頭とも家族のように仲良くなった理由は悲しいが、最期まで一緒にいれられれば幸せに暮らしていけるだろう。

 

Photo by Noah’s Ark Animal Sanctuary

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA