【サメに囲まれた水槽ベッドルーム】世界最古の水族館での宿泊はいかが

sameha

 

 

あなたは、「サメに囲まれた水槽ベッドルームに泊まれる」と知ったら泊まってみるだろうか。

 

それは「Airbnb」を利用することで可能となる。

スポンサーリンク

 

最近流行りの「Airbnb」。

世界で”民泊”ができるという現地体験型の宿泊ができるウェブサービス。

 

その「Airbnb」で、かなり変わった”民泊”ができる。

 

それが今回紹介する、世界最古の水族館「シネアクア」でサメに囲まれた水槽ベッドルームへの宿泊だ。

 

sameha

 

しかも宿泊料金は無料!!

ホームページ上で550文字以内で、この場所に宿泊したい理由を書いて応募するだけっ!

 

中から水槽の外を眺めてみると一体どんな風に見えるのか。

 

sameha1

 

sameha2

 

sameha3

 

360度外の景色を眺めることが可能となっているので、あらゆる角度から好きなだけサメを観察することができる。

 

安全な空間と言えど、慣れるまで多少の怖さがあるが。

 

もちろん、水族館なので外から見る事は可能で、水槽ベッドルームを含め優雅に食事をしながら鑑賞用にもできる。

 

sameha4

 

サメの水槽に入るなんて機会もまずないが、水槽の目の前で食事をできるなんてこともまずあり得ない。

 

そんな変わった特殊な”民泊”を行っているのは、フリーダイバーの”Fred Buyle”さん

sameha5

 

 

Fred Buyleさんは水中写真家であり、かつフリーダイビングの世界では有名人で素潜りで100メートル以上潜れた世界で8人目の人物だという。

 

今でもサメとダイビングは大好きだそうで、宿泊イベントが終わった後は、サメも含め海洋生物の生態を研究する観測ルームとして活用しているそう。

 

このような民泊ならではの変わった体験もできるので、海外に行った際には是非「Airbnb」を使ってみよう。

 

画像出典元:Airbnb

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA