『ノートの切れ間に無数に輝く星空』16歳が独学で描く3Dアート

note5

 

最近、たまにテレビなどのメディアで紹介されることがある3Dアート。

 

目の錯覚を利用しているにしても、パッと見では立体的で驚いてしまう。

スポンサーリンク

 

そんな3Dアート界に、16歳の新星が現れた。

 

彼の名前は、Joao Carvalho君。

 

これらの彼が描いた絵たちはどれも特別な物ではなく、一般的に売られている色鉛筆や絵の具で描かれた。

 

ノートの切れ目から見える満点の星空は、手を伸ばせばすぐそこに?

note1

 

 

羅線の曲線がまるで波のようになり、船が揺れているよう。

note2

 

 

有名キャラも彼にかかれば、「リアル」を持ち、存在しているかのよう。

note3

 

note4

 

 

そのままくぐっていけば、夜の海の世界へと入り込めそうだ。

note

 

 

 

どれも、ただの一枚のノートに描かれたものとは思えない。

 

「ただの色鉛筆や絵の具で出来るなら私も」と言いたいが、こんな芸当は誰にも出来ない。

 

しかもこれらの3Dアートイラストを描くのにあたって、彼は描き方を独自で学んだというからさらに驚き。

 

まだ16歳という年齢を考えると末恐ろしい。

 

画像出典元:Facebook

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA